彼岸花

ご無沙汰してます。グデンドンです。

♪ マンジューシャカ 恋する女は

 マンジューシャカ 罪作り

 白い花さえ 真紅(まっか)に染める ♪



1978年(昭和53年)、今から43年前に山口百恵さんが

歌った「曼珠沙華」のサビの部分です。

山口百恵さんを知らない方も多いかもしれませんが、

グデンドン世代にはとても思い入れのあるスターでした。



この曼珠沙華(マンジュシャゲ)。別名「彼岸花」。

秋のお彼岸の頃には、水田の畔に咲き誇ります。

彼岸花は、節も葉も無い茎が50㎝程度まっすぐ伸びて、

その先端に真っ赤な花を咲かせます。

この茎が簡単に切れることもあって、

グデンドンが小学生の頃には、

木の枝でこの彼岸花をバッサバッサと

切りながら帰宅したものです。

今なら真っ赤な花を観賞するのですが…。

グデンドンも感傷に浸るようになりました。

また彼岸花はとても綺麗な花を咲かせますが、

球根には毒があるそうです。

モグラなどが水田の畔に穴を開けてしまいますが、

彼岸花の球根の毒を嫌うので

畔に植えられたとされているようです。

彼岸花の花言葉は、「情熱」「独立」「再会」

などがあるようです。

真っ赤な花を見れば、確かに情熱は分かりますね。

もう一つ、「再会」を祈って次回お会いしましょう。

コメントは受け付けていません。