TOPトップページ > 家作りガイド > 「エネルギアの家」ができるまで 

 
 
「エネルギアの家」ができるまで 
 

「エネルギアの家」は、基礎工事から竣工・お引き渡しまで徹底した品質管理を実施。
安心して長く住み継ぐことができる住まいをお届けします。

1 理想の住まいづくりのための土地探し

地盤調査を行った後、建物が建つ位置にシロアリと湿気対策のために防湿シートを敷設します。
その後、鉄筋コンクリートで強固な基礎を施工します。

2 1階の床・壁施工

断熱材を施した枠組材と構造用面材を一体化させ、強固な床を施工。
建物全体を支えるこの堅牢な1階床の上に、壁面を施工していきます。

3 2階の床・壁施工

1階の壁の上に、2階床を施工し、その上に、2階の壁を立ち上げます。
2階の床根太には、軽量かつ強度に優れた「I型ジョイスト」を使用しています。

4 上棟

2階の壁を施工した後、小屋を組んでいき、強風にも耐えられるよう、ハリケーンタイで小屋組と壁パネルをしっかり緊結します。

5 屋根施工

長年にわたり高い防水性と耐久性を維持するために、パネルの上に高耐久の防水シートを施工し、さらにその上から屋根を葺きます。

6 内部下地・ダクト配管

各居室に石こうボードを施すなど、内部の下地工事を実施。 その後、一邸ごと、緻密にプランニングされた設計図を基に、最適なダクト配管を行います。

7 外部仕上げ

上棟後、外壁の仕上げ工事や窓、サッシの取付工事などに入り、仕上げを行います。

8 内部仕上げ・エアリゾート本体設置

室内壁や建具などのインテリアを仕上げます。
同時に「エアリゾート」の室内ユニットを設置します。

9 竣工・お引き渡し

内装・外装工事、設備工事などがすべて終わると竣工。
鍵のお引き渡しとともに、ご入居いただきます。

徹底した検査で品質管理

施工現場では、基礎からお引き渡しまでの全工程にわたり入念な検査を実施。「エネルギアの家」は、建築基準法に定められた検査よりはるかに厳しい検査基準で品質を保持しています。工事担当者と施工業者は、配筋及び基礎、上棟、防水施工の完了時に検査を実施。
さらに、「第三者機関」に報告書を提出し、検査を受けます。

施工工程

地縄・遣方

 

基礎配筋

検査

 

基礎完了

検査

 

上棟

検査

 

防水

検査

 

内部造作

検査

 

竣工

検査

 

お引き渡し・メンテナンス